スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉岡秀隆さん主演

吉岡秀隆さん主演のALWAYS 三丁目の夕日という小玄太丸の大好きな映画のお話をします。

あらすじ

舞台は高度経済成長期の入り口といわれる昭和33年

東京の下町に存在する『夕日三丁目』

そこで経営している「鈴木オート」に集団就職で青森からやってきた少女と、その向かい側にある駄菓子屋の主人の若い作家・茶川竜之介

そして、茶川竜之介がふとしたきっかけで預かる事になった子供。

この3人の話を軸にして物語は展開していきます。

大企業に就職できると夢見て上京してきた少女は「鈴木オート」のあまりのボロさにがっかりします。

それでも鈴木オートの経営者家族とのふれあいの中で少女は少しずつ自分の居場所を見つけていきます。

茶川竜之介は行きつけの居酒屋の女主人(小雪さん)から、よく解からないうちに見知らぬ男の子を預かる事になってしまいます。

『子供なんてうっとうしいだけ』

そう考えていた作家ですが、自分の書いた少年向け空想科学小説を読んで目を輝かせる少年に接していくうち、作家の心の中で何かが変わっていきます。

この『ALWAYS 三丁目の夕日』は観客動員数200万人を突破・数々の賞に輝く素晴らしい作品です。

自分自身もこの映画が大好きで、吉岡秀隆さん演じる売れない小説家・茶川竜之介が、プライドを捨てて、鈴木オートの経営者からお金を借り、そのお金で買ったクリスマスプレゼント(万年筆)をサンタさん(お医者さんが扮装している)を通じて少年にプレゼントしてやります。

プレゼントに大喜びする少年に対してわざとらしい演技をしながら、まんざらでもなく嬉しそうに笑う作家のシーンや、居酒屋の女主人に宝石箱を渡すシーン

「すまん・・・お金が足りなくて・・・この通り箱しか買えなかったでもすぐ原稿料が」

「付けてよ・・・その将来買ってくれる指輪・・・付けて」

そう言って手を指し伸ばす女主人。

腕を伸ばし、見えない指輪を光にかざし声を震わせながら「綺麗・・・」と呟くシーンは、何度見ても涙を禁じえません。(´;ω;`)ウウッ

特にラストシーンのお金持ちだけど『父親としての情のない男』の少年が引き取られていくシーン。

そして作家がその車を追いすがるシーン


万年筆のプレゼントはサンタさんではなく「おじちゃん」がくれたものだと気付いていた少年。

少年の置手紙を読んで矢も立てもたまらず走っていく作家。

何度見ても胸に迫るものがあります。(っω;`。)

最後、「常識で考えろよ」と言いながら少年を強く抱きしめる演技は何度見ても胸を打つ名場面です。
きっと心の中では、少年時代に演じた「北の国から」の純を思い出していたのではないでしょうか?

『こんなハッピーエンドは現実ではありえない。

これはリアリズム(現実的)ではない』

確かに自分自身もそう思います。

ですが、リアリズムとは一体なんでしょう?

『悲しい結末=リアリズム』なのでしょうか?

確かにそれもリアリズムのひとつの形だと思います。(

ですが、映画の中で、映画だからこそ

ハッピーエンドを望む気持ちもまた

『リアリズム』なのではないでしょうか?(^^)

そして作り物であっても感動したその気持ちは

「本物」だと思います。


『人は何のために生きるのか?』

眠れない夜によく考えてしまいます。

今も答えは解かりません。

おそらく一生答えを見つけることはないのでしょう。

だけど、ひとつだけ・・・

『誰かに何かを伝える事』
それが『生きるための意味のひとつ』だと自分は思っています。

『ALWAYS 三丁目の夕日』は、そうした『伝えたい気持ち』を思い出させてくれる映画だと自分は思っています。

駄文を最後までお読みくださってありがとうございました。

『ALWAYS 三丁目の夕日』続編も製作されました。

吉岡秀隆さんと小雪さんの演技が絶品の作品です。

是非御覧になってみてください。
空襲で娘さんと奥さんを亡くしたお医者さん。
サンタの格好をしていたとき、本当に辛くなかったんだろうか?
『楽しかった』そう言ってはいたけれど。

こういう映画は好きだけど嫌いだ。好きだけど。
大好きなものって、絶対いくばくか「嫌い」な部分が含まれていると思う。
嫌い、というか「切ない」のほうが適切かもしれない。

関連記事

COMMENT - 2

じゃぐあ  2007, 11. 02 [Fri] 23:57

さっきまで見てましたよ。実は映画で見てないので、見たんですが、最近の邦画ではなかなかないほど当たりですね。わりと単純で面白かったんじゃないでしょうか。私は最近ドキュメンタリー映画ばっかり見てますので、まあこういうあったようなありえないような漫画みたいな世界もたまには面白いです。
ところでガンダム。私は宇宙世紀もの以外はタイトル変えてほしかったと思ってます。ちょっとタイトル頼みな気がしますよね。ガンダムじゃなくてもボトムズみたいな名作があったのですから、是非とも別タイトルで挑んでほしいなあって思っちゃいます。

Edit | Reply | 

utamayu  2007, 11. 03 [Sat] 01:47

んちゃ!

三丁目の夕日、大好きです!

マンガ本も全巻、揃えようと買ってます!
鎌倉ものがたりも買うのだ!

またね~~~ん!
ぽち

Edit | Reply | 

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。