スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルミナージュゴシックレビュー

今日は発売日に買ったエルミナージュゴシックのレビューをしてみます。

まず結論から言うと、前作の雰囲気や内容を期待する人にはあまりおすすめ出来ないですね。

逆にWizardry系が大好きで、なおかつ辛口の難易度が大好物という方なら大丈夫だと思います。


さて内容なんですが、問題点がいくつかあります。

まずひとつめは画面が暗くて見辛い事。

雰囲気に合わせて暗めの迷宮になっているんですが、画面が暗過ぎて壁や通路が見えにくかったりします。

PSP2000や3000でも画面が見えづらいので1000で遊ぶ場合はかなり目が疲れると思います。


ふたつめは天使の小窓の廃止。

前作には天使の小窓という自分の位置の周囲を表示してくれる地図機能があったんですが、今作は廃止されています。

替わりに魔法の地図という道具で迷宮内の確認ができるのですが、この道具は消費制になっており、1回使うと1枚消費します。

ただ魔法の地図は商店で購入出来ますし、1枚10Gと安いので50枚程度持っていればまず大丈夫でしょう。


ちなみに道具は同種の道具なら9個持てます。

つまり魔法の地図9枚なら魔法の地図 9というように道具欄を圧迫しないので、誰か一人を地図持ち係にしておくと良いでしょう。


そして次の問題点は年齢システム。

街から迷宮に移動した場合日数が加算されます。

また迷宮探索中にもある程度時間が過ぎると日数が経過します。

蘇生した場合は1年加算。

ですからあまりゆっくりと探索出来ないのではないか、という焦りが生じます。

後半は罠解除の時に女神の口付けが出やすくなるらしいので、あまり気にする必要はないのかもしれませんが、人によっては窮屈に感じるかもしれません。


この他にも序盤は攻撃が当たり辛いですとか、NPCと接触するたびにメッセージが表示されてうっとうしいですとか、初心者救済NPCのアビが最初の迷宮にいないですとか、いろいろと細かい点で前作と違っています。

そして大きな変更点は図鑑に挿絵と説明文が付いていない点ですね。

図鑑の挿絵や説明文を閲覧するのが楽しみという方には残念な出来だと思います。


さて、次は良い点です。

前作に引き続きFLやSLが使用出来ます。

迷宮の階層ごとにBGMが変化する点はGood!

そして何より戦闘バランスが取れているのが良いですね。

ですから緊張感のある先頭が楽しめます。

序盤は結構大変ですが、中盤からは宝箱から強い武器も出てくるので楽しくなる印象です。

Wizardry系が好きで地道に頑張るのが好きな方でしたら楽しめると思います。


総評としては内容自体はやりごたえがあって良い作品だと思います。

ただ序盤から中盤に掛けては帰還魔法が使えないし、宝箱の中身も良いものが出ない、迷宮深部から時間を掛けて徒歩で帰還しないといけないといった面倒な部分があるので、そこが我慢できるかどうかがが評価の別れ目だと思います。

ただ上にも書いたように画面が暗いのが大きな問題点。

これさえなかったら、胸を張っておすすめしやすいのですが。


という事で前作から大幅な変更が加えられていますから、購入前によく情報収集をした方が良いでしょう。

個人的にはWizardry系が好きなので、画面の暗さを除いてはおおむね良い作品だと思います。

次回作も期待しているので、もっと売れて欲しいですね。
関連記事
SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。