スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥さま川柳

奥さま川柳という本のレビューを小玄太丸がしますね。^^

この本は、プレスプランが主催している主婦・妻をモチーフに一般公募された作品を、審査員が厳選して1冊の本にまとめたものなんです。

もちろん女性の方だけでなく、夫(男性)からの応募もOK!


感想なんですが、どの作品も思わず「あるある!」とひざを打つ愉快なものから、

男性陣からの「結婚生活でこういうことってあるよね(´・ω・`))といった、とほほ系。

そして夫婦愛が胸を打つ心に染み入る一句など、まさにこの一冊に人生模様が集約されているといっても過言ではないでしょう。

投稿作品はすべて「事実」ですから、まさに説得力があるんです。


この中から小玄太丸が気に入ったのがこの作品。

14ページの「底浅き わが人生に 妻(はな)一輪」

(忘れん坊・75歳・男性)

この方は本当にパートナーさんを愛していらっしゃるんでしょうね。^^

妻に「はな」と書いて、それを一輪という言葉に掛けているなんとも美しい作品です。

底浅き、なんて謙遜していらっしゃいますけれど、きっと連れ合いの方も

「この人と結婚してよかった」と思っていると思いましたね。


そして

「ケータイを あの世の夫に 持たせたい」

(鳴狐・47歳・女性)の作品も胸を打ちました。

いつ頃旦那様を亡くされたのかは不明ですが、

「これから第二の人生を二人で仲良く過ごしたい」と思ってももう夫はいない・・・。

そんな切ない気持ちをケータイに託して「持たせたい」と続けた言葉に、思わず涙がこぼれそうになりました。。・゚・(ノД`)・゚・。


夫婦生活って、楽しいだけでなく、辛いことや苦しいことなど、いろんな大変な情景があるんだと思いますが

「やっぱり二人で暮らすのは素敵なことなんだな~」と改めて思いましたよ。

小玄太丸もいつか結婚できるかな・・・(´・ω・`)


それはさておき、この本は税込み952円で買えますから、書店で見かけられましたら、ぜひお手にとってみられてください。^^

そして「夫婦とその周辺で織り成される、悲喜こもごもの真実の話」に泣いたり笑ったり感動してみてください。


そして、普段なかなか感謝の気持ちを口に出せない口下手な旦那様。

14ページの「底浅き わが人生に 妻(はな)一輪」のページにしおりを挟んで、テーブルの上に置いてみられるのはいかがでしょう?

きっと、感謝の気持ちが伝わりますよ。^^


ここでお知らせです。

ただいま第2回めの川柳 募集中です。

最途上に応募方法が書いてあるんですが、

官製はがきの場合でしたら、

114-0014 東京都北区田端6丁目4-18

プレスプラン編集部 奥さま川柳(おくせん)係まで。

住所・氏名・年齢・職業・お電話番号等をお書き添えの上、投稿作品と紙面で公表する場合のニックネームを書いてご応募ください。


もちろん、メールでの応募もできますよ。

どちらも、応募期間は2009年9月30日必着です。


大賞に選ばれますと、現金20万円がもらえます。

また、優秀賞は全国百貨店ギフトカード2万円分。

佳作ですと全国百貨店ギフトカード5千円分。

入賞の場合は、図書カード千円分がもらえますよ。


他にもスポンサー賞としまして、一泊二食付きペア宿泊券(4万円分相当)やJA全農賞として全国共通おこめ券が当たるチャンスもございます。

応募資格は不問なので、どなたでもご応募いただけます。

皆様が普段感じていらっしゃるいろんな思いを作品にして、応募してみませんか?^^
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。