スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後

老後の生活って、考えていると不安になりますよね。

特に収入面。

そこで不動産経営はいかがでしょうか?


この記事では、小玄太丸が思う不動産経営に対するイメージや考えを述べます。

結論から言うと、これからは不動産経営をするのが有利!だと思います。

アパートや<マンション経営をしていれば、

「手堅い収入がある」というイメージで見られますから、例えば将来お子さんが事業を始められて、銀行から資金を借りる場合の保証人になる時など、社会的信用面としても有利なんです。

実利面では、特に今は不安定な景気状況ですから、継続的な収入を得られる不動産経営は大変有利だと思います。

不況下では、賃貸住宅を選ぶ人が増えますから、需要も大きいんです。

それにマンション経営で将来を買うを読んでみると、これからは老後の生活を年金だけで賄う、というのはほぼ不可能。

しかも高齢者に賃貸物件を貸してくれるところは極めて少ないんです。

ですから先々の住宅確保という観点からもおすすめできますね。

また、遊休地を活用しようを読んでみると、1階部分にコンビニや事務所があると、より集客もしやすいですから収益率上昇効果ばかりでなく、税金対策上も非常に有利になるそうです。

ですから遊休地をお持ちの方、子育てを終えて広い家をもてあましていらっしゃる方も、この機会に不動産経営を考慮されたほうがいいと思いますよ。
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。