スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUN SKY WALKER(S)

JUN SKY WALKER(S)20周年ファイナルライブより「青春」の動画と、その後のMCを見たのでその感想です。
曲の感想&紹介としては、出だしはスローバラード調の落ち着いた感じで始まります。

バックに流れるピアノソロがとてもいい感じです。

途中からアップテンポになって彼ららしい元気のよい親しみやすい局長に変化しますよ。

今の音楽って偏った感じ?ものが多いので、これは印象深くて気持ちが落ち着きますね。

歌詞もここには書けないんですが、胸にひとつひとつ沁み込む感じで、胸の奥がズキンと来ます。

久々に聞いたんですが、この特徴のある声が懐かしいですね。

STARTとか白いクリスマスとか、昔よく聴いていたなぁ~。


さて、お待ち兼ねのMCの感想なんですが、メンバーみんな変っていませんね。

当時のままのあの明るくフレンドリーな雰囲気で、メンバー一人一人が思いを綴っていくんですが、ファンのみんなも温かく迎えていて、少し涙が出ました。

本当に「メンバー一人一人が楽器・一人一人がボーカル」という言葉が凄く印象的です。

どうぞ動画を見てください。

もう一度あの感動が戻って来ますよ。

関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。