スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピードラーニング中国語

スピードラーニング中国語のメリットは

  1. 実際によくある会話がドラマ形式になっている。

  2. ミニドラマ形式なので、少しの時間があれば学べる。

  3. 文章が短いので覚えやすい。

  4. 同時に文化習慣も学べるから、実務に役立つ。

  5. 1日5分。聞き流すだけ。

と言った特徴があります。


特筆すべきは記憶定着率の高さ。

記憶定着率が、なんと93.6パーセントにもなるんですよ。


その秘密はBGM

脳をリラックスさせ、記憶力が高まるα波を出しやすい状態に脳を誘導します。

その状態で、短い文章がネイティブな発音が流れます。


脳がα波を出している時、記憶力は通常の3~10倍に高まります。

ですから「聞いた後でもちゃんと憶えていられる」んですね。^^


実際に視聴してみたんですが、中国の発音の後に日本訳(セリフ)が流れますから、いちいちテキストを見ないでいいので簡単なんです。


前にテキスト参照型の教材を使ってみたんですが

「え?今の発音、今テキストのどのあたりだっけ?」と混乱することが多かったんですよ。><


でも、これならテキストは要らないから、通勤通学の途中や家事をしながらでも学習できるんです。


そしてドラマ形式ですから、単純な暗記型教材と違って、飛躍的に記憶に残るのがメリット。


こんな経験ありませんか?


ずいぶん昔に見たドラマなのに、耳に入って来た音(グラスの重なる音・音楽など)で、あるシーンの情景やセリフが鮮明によみがえって来た経験。


これはドラマならではの起承転結構造によるものなんです。


ドラマ(会話)は、前後の会話と感情によって記憶に残る「糸」。


ですから「憶えたい言葉」だけでなく、「その前後の言葉」もしっかり記憶に残るんですね。


そして背景に流れる生活音をきっかけに、その場面に類似した記憶がよみがえってくるんです。


だからこの教材で学べば、

その場に合ったトークの文章が自然に頭の中に浮かんでくる、という訳なんです。


この教材に収録されている会話は、日常会話だけでなく食文化や買い物・空港やホテル・タクシーでのよくある会話集といったすぐに役立つものから、国際結婚や世界遺産・昔話・武術の話題など文化的・歴史的背景の話題にも触れることが出来るんです。


教材の開発に携わっているのはNHKで通訳の仕事などをされた東山凱(ひがしやま かい)さん。

日本企業での講師の経験を基に「使える教材」を心掛けて開発されたそうです。


必要な機材はCDプレーヤーだけ。

決まった学習ノルマはありません。

1日5分から「聞き流すだけ」で気軽に始められます。


歳を取っても記憶力は衰えません。

「無駄な事」は忘れるようになっているだけなんです。


友達からの励ましの言葉。

奥さんのあの優しいひと言。

お孫さんの瞳が輝くあの笑顔。


嬉しかった事、ちゃんと憶えていますものね。^^

こちら↓の画像をクリックしていただくと、販売ページにいけます。


関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。