スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリートヤンキー三郎

エリートヤンキー三郎というヤングマガジン連載中のマンガが映画化されるそうですよ。

2009年2月28日公開。


あらすじ?は、どこにでもいる普通?の気弱な高校生が極悪な兄二人が通う「徳丸学園」に進学してしまったからさあ大変!!

彼自身も「県内最凶の男」と見られてしまって同級生たちに恐れられる存在に!

しかも彼の「権力」を目当てに集まる高校生たちが勝手に軍団化!

さらに軍団撲滅を狙う警察まで入り乱れて・・・と言うストーリー。

まず動画をご覧ください。

感想なんですが、かなりハチャメチャです。

一郎次郎がかなりの極悪だったためにその弟もそうに違いない!と言う思い込みから大歓迎を受けてるんですが、その大歓迎振りが凄いです!

「念願のバッジが完成した」と喜ぶ軍団員たちが登場するんですが、これを見ても熱狂振りがうかがえますね。

反してそんな熱狂にとまどう彼。

普通の高校生がこんなに祭り上げられたらそりゃあ混乱もしますよね。(^^;

「ぼくはヤンキーじゃない!」と背を向けるんですが、彼を目の敵にする警察の「攻撃」で次第に最凶の男として覚醒していくんです。

覚醒するきっかけは・・・というのが無理がなくていいですね。

原作を読んだことはないんですが、主人公が普通の高校生と言うのは斬新ですよね。

これだったら「ちょっとみてみたいな~」という気になります。

ある意味極限状態に置かれた人間が、その状況の中でどう変化せざるを得ないのか!?そんな大上段に構えて見なくても大丈夫。

みんなが楽しめるギャグ映画として期待&お勧めできそうです。^^
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。