スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望遠鏡 通販

望遠鏡 通販でお探しの方、光学製品専門ショップ「光学.com」はいかがでしょう?^^

こちらでは、望遠鏡はもちろん双眼鏡などの光学製品を多数取り扱っているんですよ。

初心者の方に最適なNEW KDS 76-700(ニュートン式反射)価格22,800(税込)から中・上級者向けのスカイエクスプローラーシリーズ(10~20万円)などなど。

他にもポータブル自動追尾赤道儀もありますよ。


小玄太丸は子供の頃、どうしても望遠鏡が欲しくって、父親におねだりした経験があるんです。

「成績上がったら買ってあげる」

そういわれて、一生懸命勉強したものです。


でも、頑張ったけど成績は上がりませんでした。(´;ω;`)ウウッ


だけど、クリスマスの夜、思いがけず届いた大きな荷物。

箱には「ビクセン」と印刷されていました。

そう!父が内緒で買ってくれていたんです!

もう嬉しくって、その夜急いで組み立てて、月のクレーターを、いつまでもいつまでも魅入っていましたよ。

当時は月光を軽減するために「ムーングラス」というスモークレンズを倍率スコープに取り付けて見ていましたっけ。

今でもそういう仕組みになっているのかな?


大人になった今、思い返してみれば、父の優しさに頭が下がる思いで一杯です。><

当時は父もまだ若く、そんなに裕福ではなかったはずなのに・・・。

「父親」になるということ。

「父親」として生きていくということ。

最近よく考えるんです。

「もしも自分が父親になったとしたら、父のような男になれるんだろうか」

話が逸れましたね。(><)


今では、ネットや動画で月や遠くの星雲が手軽に見られる時代です。

だけど、あの頃見た、大気に揺れめきながら輝く月や星空。

寒い夜に外にいると、耳が冷たさで痛くなった記憶。

丸いスコープの中に浮かび上がった遠くの星の輝きや木星の斑点、月のクレーターの神秘的な姿は、「記録」には決して残す事は出来ない「記憶」にだけ残る懐かしく温かい輝き。


普段の生活では、空を見上げる事はなかなかありません。

看板や映像。全てが自然に視界に入るように設置されています。


いつの間にか「他人の考えた仕組み」の中で、「ものを見る」のが当たり前になってしまっている毎日。

天体観測は、フィルターの掛かっていない空を見上げる大切さを教えてくれます。


「いつも帰りが遅いから、子供と過ごす時間がない」

「休みの日に、外に連れて行ってやりたいけど疲れが溜まっていて・・・」

と、お悩みのお父さん。

ベランダから、お子さんと一緒に望遠鏡で星空を見上げてみませんか?

こちら↓の画像をクリックしていただくと、通販サイトにいけます。
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。