スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高濃度ビタミンC療法

高濃度ビタミンC療法というものがあるんですが、どういった病気に効果が期待できるのか?といいますとがん治療の際に用いる方法が一般的だそうです。

メカニズムはこの治療を行ってがん細胞に注入すると過酸化水素(オキシフル)が、がんを撲滅する作用が解明されているそうなんですね。

ちなみにこのオキシフルは正常な細胞に対しては無力なためがん細胞だけを狙い撃ちに出来るそうなんです。

なぜかというと、正常な細胞は(G6PD)という酵素があって過酸化水素が入り込めない(中和する)んだそうです。

対してがん細胞は、このG6PDが存在しないために、過酸化水素に対抗できずに無力化されてしまうんだそうです。

ですので、気になる副作用の問題は一般的には存在せず、安全だといわれています。

ただ1000人に5人の割合で体内にG6PD酵素が低いか存在しない人がいるそうです。

その場合は腎臓機能の低下によって重大な副作用が発生する場合があるそうです。

ですが、こういった危険性は200人に一人の割合ですし、現在負担が軽いガン対策が少ない現状を考えた場合、高濃度ビタミンC療法は身体に最も負担が少なく効果が期待できそうな施術だと思いました。

ほくろ除去がん治療のご相談は木村専太郎クリニック
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。