スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収納ボックスにダンボール

収納ボックスにダンボールって、一見すると便利なんですよね。

値段も安いし積み重ね可能だし。何より軽いから、そのまま引越しする時の持ち運び出来ちゃうし。

でも、しまいこむには確かに便利なんですが、取り出すときに不便なんですよ。><

小玄太丸の場合、本を箱の中にいてれ積み重ねているんですが、「ちょっとあの本再読してみようかな?」と思ったときなんかもう大変!(;´Д`)

一応箱の側面には「何がしまってあるのか?」を書き記したシールを貼っているんですが、お目当ての本を探すとなると上に積んでいる箱をドンドン取り除いていかないといけないんです。

ほら、本って積み重なるとかなりの重量になるじゃないですか?

だから必然的に一番下に置いておく事になるんですよね。

この間もお目当ての本を探し出すのにちょっと腰を痛めちゃいました。><

ですから収納ボックスとしてダンボールを選ばれる時は、本など重量物をしまうことを想定できる場合は引き出し付きのタイプにした方が、後々楽でいいと思います。

で、手前にはハンガーラックなどのキャスター収納で目隠しをするとかすれば、かなり楽になると思いますよ。^^
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。