スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル

トラブル

不動産競売というのは、債務者がお金の替わりに所有不動産を代金替わりに土地を売却することで借金などを返済する仕組みの事です。

実際には裁判所が債務者の持つ不動産を差し押さえてそれを競売に掛けて借金の返済に充てる、というケースが多いんだそうです。

買う側としては、従来価格より安い価格で土地を手に入れられる可能性があるシステムなんですね。

もし小玄太丸だったら競売に参加してみたいかどうか?といいますと、基本的には参加したくないですね。

やっぱりなんとなく他人の不幸で得をするという感じがするからです。

例外的に参加する場合は、例えば友人知人が借金をして土地を手放さなくなってしまった場合は、他の友人達と一緒にお金を出し合って買い取ってあげたいですね。

そして買った土地は、その友人知人に「貸し与える」という形で、そのまま済み続けられるようにしてあげたいです。

なぜ「貸し与える」形式にするか?というと、何らかのトラブルで再び土地が競売に掛けられないようにするため、なんです。

土地の転売で、値段がビックリするくらい高騰した、という話も聞きますし。

最近は不動産競売情報サイトという不動産競売についての知識が得られるサイトもありますから、不幸にして土地を手放さなければならなくなった時の対処法を、普段から学んでおくといいかも?知れませんね。
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。