スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業承継

事業承認

もし小玄太丸が会社を作ったとしたらやはり子供に跡を継いで欲しいですね。

理由としてはやっぱり経営って親族同士のつながりがあるから苦しい時でも耐えていけると思うからです。

そんなふうに苦労して作り上げた会社を子供に継がせる場合、相続税が支払えるように、税金分は現金で残してあげたいですね。

理由としてはやはり会社を継いでトップに立ってもらうとなったら、引き継ぎ事項や経営状態の再把握・従業員との関係再構築に時間を使わないといけないからです。

なのに相続税問題で頭を悩ませることになったらかわいそうですものね。

それに日本の税金って商売をしている人に厳しく、相続税が払えなくて泣く泣く店や会社を放棄せざるを得なかった、というケースが少なくないんですね。

ですから子供のためはもちろん従業員さんに安心して働いてもらうためにも、また取引先に迷惑をかけないためにもスムーズに経営を移行できるよう、税金分は現金で残してあげたいですね。

事業承継問題には相続問題が切り離せません。

相続税申告 は避けて通れない問題ですから、元気なうちに勉強しておくのが有利だと思います。
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。