スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情操教育

情操教育

ドイツのピアノメーカー「Perzina」ってご存知でしょうか?

こちらのPelzinaはヨーロッパを中心に大変人気が高く「世界一のピアノの一つ」と賞賛の声が高いんです。

最近では映画「戦場のピアニスト」でも作品中に登場し、主人公が奏でる姿をご覧になった方(主人公シュビルマンがドイツ軍将校に促されて演奏するシーン)も多いのではないかと思います。

このピアノの外観は無駄な装飾を抑え、ピアノ本来の音色を引き出すために極限まで無駄を排除して製作されたデザインで「簡素ながらもピアノ本来が持っている気品」を感じさせます。

鍵盤蓋を開けると蓋裏がプリントではなく木の質感をそのまま保持した天然の木目デザインが目を引きます。

肝心の音色なんですが、プロの演奏家の方の感想では「低音も中音も、それに高音もかなり綺麗」とのことです。

お値段も軽乗用車1台分程度とのことですので、お子様の情操教育に熱心な方は、ペルツィーナを検討されてみてはいかがでしょう?

幼少期に接する音色って、結構重要ですからね。^^
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。