スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R25

R25が贈る生命保険エンターテイメント企画のサイトを見て、印象に残った生命保険の知識は,年齢を重ねるごとに抱える病気やケガのリスクに対しての保障の違いですね。

普通保険に対する知識って「払っておけば病気や事故の時に保険金が下りる」という程度の認識しかなかったんですが、これが会社やサービス内容によって全然違うんですね。

例えば日本の医療保険制度では負担額に上限があるのをご存知でしたか?

なんと日額1万円の保障が上限なんです。

これでは入院費と治療代だけで精一杯。

家族の生活費や休業補償などはまかなってくれないんです。


しかも保険って年齢が上がるたびに保険額も上がるじゃないですか?

ですから、万が一にちゃんと生活面でも支えてくれる保険選びが大事なんだと思いましたね。


後、お子さんがいらっしゃる場合は学資保険も大事ですね。

万が一両親が亡くなっても子供にはお金の苦労はさせたくないし学校だって行って欲しい。

これは満期になれば満額保険金が下りるんですが、今の世の中って低金利じゃないですか?

払った保険料より満期保険金が少ないという、いわゆる「元本割れ」になっている商品もあるそうです。


同じようで商品内容が異なる保険。

ライフネットの一環として、今一度見直してみる必要があると思います。

関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。