スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドハンティング

言葉のイメージや雰囲気でいいますと、ヘッドハンティングは、やはり「仕事のできる人が引き抜かれる」という印象がありますね。

日本ではまだまだ「引き抜き」というと同グループ内や企業内の部署単位での引き抜きといったイメージや実例ぐらいしか認識がないのが現状ですが、欧米では他社から好条件で引き抜きの話が来る、というのはごく当たり前のことなんです。

日本ですと「長く勤めている会社だから定年まで勤めたい」とお考えの方が多いと思います。

ですがこれからの時代は、会社の統廃合や合併・倒産といった自体が珍しくない時代に突入しています。

「社員は会社に骨を埋めるもの」という価値観は崩れ「社員一人一人が才能を売る個人経営の事業主」という認識が強まってきています。

もしあなたにそのお話が来たら、一度真剣に考えて見られるとよいですよ。

そこまでしてあなたを欲してくださる会社なのですから、将来性も給与面も非常に有利なはずです。


ほんの少しの勇気があれば、今以上に有利な条件が目の前に広がっています。

会社はいざというとき助けてくれません。

頼りになるのは家族です。

家族のためにも、良い話はどうぞお見逃しなく。^^
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。