スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3等分

3等分

相続財産は遺言が優先される?

皆様は贈与や遺言などの相続財産のトラブルに接したご経験がおありですか?


これは小玄太丸の知人の親戚のお話なんですが、子連れ同士での再婚をした人がいるそうです。

それでその人は父親の実子なんですが、父親が急逝し、父の相続遺産は継母に当たる人が引き継いだわけです。


そこからがトラブルの発端だったのです。

その人は継母との折り合いが悪かったのです。

相続財産の分配は継母が二分の一で、後は子供たちで分けるように法律では決められています。

ですが父親の遺言では、継母とその人とその人の弟の3人で相続財産を3等分するように、と書かれていたんです。

継母の方もその人とは折り合いが悪く、法律を盾に相続財産の2分の一を要求してきたそうです。

そこでその人は法律相談に出向き遺言の有効性を確認。その後法定相続人の確定(戸籍謄本で確認する)などの手続きを取って、めでたく(?)相続財産を遺言通り3等分することで話がついたそうです。

相続財産のトラブルは額が問題ではありません。

多くは「あいつだけには相続財産をやりたくない」といった気持ちから生じます。

そういった相続財産のトラブルを避けるためにも普段から人間関係を円滑にしておきたいものです。

そしていざという時に慌てないために贈与遺言などの手続きの仕方・遺言の正しい書き方等を学んでおきたいものですね。
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。