スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅を喉に詰まらせた時に取り出す方法

師走も押し迫ってきて、あわだたしい季節になりました。

こういう時期にすべき話ではないのかもしれませんが、日本ではお正月が明けてから旅立たれる方が増えるそうなんです。

「正月までは頑張って生きたい」そうお考えのご高齢者の方が、年始に満足して旅立たれるケースが多いそうなんです。

あと、お雑煮の「餅」を喉に詰まらせてお亡くなりになる方も少なくないんです。

もしご高齢者の方が喉にもちを詰まらせたら、掃除機で吸引してあげると良いそうです。

ですから、食事の際に近くに掃除機を用意しておくと、万が一の際に役立ちますよ。


佐藤葬儀の「葬儀見積もり実例サイト」では「どの場所で』「どれ位の人数で」「どの程度の費用が掛かるのか?」を実例としてみる事が出来るんです。

例えば東京都荒川区町屋の町屋斎場で区民葬(区民葬B)をした場合、5名様で71万3701円の費用が必要になります。
一番立派な生花祭壇「ろうれす」で150万665円だそうです。

こういう風に実例で見られるのはいいですね。

もし何らかの事情で他の葬儀社に依頼する場合でも「葬儀の適正価格」が解かる訳ですから、悲しみに暮れている時に付け込む悪徳葬儀業者に引っ掛る可能性も低くなります。

出来れば葬儀の事など考えたくない、というのが人情ですが、普段から葬儀社の情報を調べておいた方が、いざという時に慌てなくても済みますし、また騙される事もないと思います。

一生に一度の大切な葬儀。

親身になって式を行ってくれる葬儀社さんを選びたいものです。

そして師走だからこそ、ご葬儀の事に付いて考えてみませんか?
関連記事

COMMENT - 0

SEO対策:ブログ SEO対策:アフィリエイト SEO対策:ネット SEO対策:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。